勝又小児科・アレルギー科医院
静岡市葵区紺屋町12-5
TEL.054-252-6801
休診日:日曜日・祝日
 
9:30

12:30
× ×
15:30

18:30
× × ×

予防接種は、金曜の午前・午後と土曜の午前中に予約制で行なっています。
また、金曜日の午後2時半から約1時間は、予約制で3・4と9・10カ月乳児健診をします。

予防接種

新年を迎えて、当院では予防接種の接種方法を変更する事に致しました。そのわけは、同時接種は経験がなかったので慎重にしていましたが、この1〜2年で安全性が確認できたためです。
この機会に、院内の予防接種体制を再度検討しなおし、3回のチェックが見落としなくできて、みなさまの待ち時間も少なくスムーズに行なえるように改善致しました。(2017.1.15)
  1. 生ワクチンと生ワクチンの同時接種を行ないます。
    たとえば、MRワクチンと水痘ワクチンを同じ日に接種します。
  2. 今までは単独接種していた、13価肺炎球菌ワクチンを、ほかの生または不活化ワクチンと同時に接種します。
「小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチン接種について」
(2011年3月24日開催の専門家会議結果報告) (2010/3/25記)

3月24日に開催された厚労省の専門家会議で、死亡例の詳細報告や国内外の疫学的情報も含めた包括的なデータが検証されました。
会議の結論は、
1)2種類のワクチン接種と死亡との間に直接的で明確な因果関係は認められていない。
2)同時接種に起因する重篤な副反応の増加は認められていない。
3)以上の検証から、1)と2)について特に安全上の懸念は認められない。
4)接種再開は、4月1日からの予定とするが、3月末に再度専門家会議を開催し再開に問題がないことを確認する。


予防接種専用待合室があります。
せっかく予防接種を受けに来たのに、他の患者さんと同じ待合室で病気がうつってはたいへんです。
要因では予防接種待合室を用意していますのでそのような心配はいりません。
また、予防接種にご予約の必要はありません。

予防接種は、形式的な行事ではありません。
まわりのお友達がしているからウチの子も!というセレモニー的なものでもありません。
予防接種をよく分かっていただくと育児が楽になります。

子どもはよくかぜを引きます。
平均すると、年間10回から12回ぐらいは普通です。
しかし、かかる度に1つのウイルスに1つの免疫が出来るので、免疫の貯金が増え続けて5,6歳になると免疫のお金持ちになります。
小学校に入るころにぴたりとかぜを引かなくなることがよくありますが、それはこういうわけです。

かぜの中には重症のかぜもあります。
かぜにかかって免疫の貯金を増やすとはいえ、かぜの中には重症のかぜもあります。
かぜのウィルスや病原菌のうち、はしか・おたふくかぜ・百日咳などは、かかってしまうと本人が苦しむのは勿論ですが家族のかたも大変苦労します。 このような病気にかからないで身体に免疫を作るようにと考えられたのが予防接種です。
標準的な製造法により注意深く作り検定をしたワクチンを体内に入れて、身体が反応して抗体を作るように誘導するのです。