勝又小児科・アレルギー科医院
静岡市葵区紺屋町12-5
TEL.054-252-6801
休診日:日曜日・祝日
 
9:30

12:30
× ×
15:30

18:30
× × ×

予防接種は、金曜の午前・午後と土曜の午前中に予約制で行なっています。
また、金曜日の午後2時半から約1時間は、予約制で3・4と9・10カ月乳児健診をします。

育児お悩み相談

プールと水いぼ

プールに入れますか?

  • 学校保健法では「通常登園・登校停止の措置は必要ないと考えられる伝染病」です。
    医学的に見ても、プールを禁止する必要はありません。そのほか集団の行事へも参加できます。
    稀に、園長さん独自の方針でプールを制限する場合もありますが、その場合はかかりつけ小児科医に相談してみてはいかがでしょう。

水いぼの治療法は?
水いぼの数や出ている範囲の広さ、痒みがつよくて睡眠や生活に影響するか、園や学校の環境などを小児科医または皮膚科医と話し合って考えるといいでしょう。

◎おすすめしたいのは自然に治るのを待つことです
水いぼのウイルスは弱いウイルスなので体に実害はありません。
脅威度が低いので身体の免疫反応もゆっくりなのです。
それでも半年から1〜2年すれば自然に落ちてしまいます。

  • 切除する:水いぼ治療用のピンセットで1個ずつ白い芯を摘み取る。
    非常に痛いですが、皮膚科のなかには問答無用で取ってしまうところもあるので事前に
    聞いておくとよいでしょう。痛み止めのテープを貼ってから取る医院もあります。
  • 硝酸銀療法:40%硝酸銀液を水いぼに塗布し取りやすくする。2〜3日続けて処置が必要。
  • 飲み薬:漢方薬ヨクイニンを飲む。効果が出るまでに2週〜数週間を要する。効果は不確実です。

参考になる研究があります
鯖江市医師会は「水いぼを取るように指導した園」と「水いぼを取らずに放置した園」を比較し、 その後の水いぼの罹患率に差がなかったと報告しています。
この研究は、水いぼの実際をよく反映していると思います。
水いぼとは?
水いぼ(正式な病名は伝染性軟属腫)は直径1〜5mm程度の丸く堅い水疱状の病変で、伝染性軟属腫ウイルスが皮膚に接触感染し、ウイルスが皮膚の細胞の中で増殖して発症します。
水いぼのうつり方は?
水疱が破れるとウイルスが外に出て人の皮膚に直接または間接に接触してうつります。水疱に接触しただけではうつりません。入浴のタオルやスポンジの共用、スイミングスクールのビート板の共用などが多いといわれますが、信頼できる研究はありません。ホテルや公共のプールの水は塩素消毒が義務化され、ウイルスや細菌は瞬時に殺菌されるので、水を介してうつることはありません。
肌の状態
幼児では皮膚に免疫がないため感染しやすく、感染しても気付かないうちに消えてしまう場合も多いです。
健康な皮膚はウイルスが単に付着しただけでうつることはありませんが、乾燥肌やアトピー性皮膚炎などで皮膚のバリアー層が乱れている場合はうつりやすく、肌のスキンケア―が大切です。